年長組ブログ一覧

年長組 みてみて!きいて!


待ちに待った「みてみて!きいて!」の日がやってきました。

朝から、どきどき!わくわく!と心が大忙しの子どもたち。

 

前日と当日…

みんなで丸くなって、「がんばるぞー!おー!」と気合いを入れました。


 

会場の準備中。

プログラムを並べています。



「ぼくらはみらいのたんけんたい!」の元気いっぱいの歌声から、年長組の「みてみて!きいて!」がスタートです!

~練習風景~

 

ちょっぴり緊張しながらも、ステキな歌声を聴かせてくれました。


〇ぎんなん警察署
 日々、警察ごっこをしている子どもたちの「ぎんなんが盗まれた!」の言葉をきっかけで始まった “まぼろしのぎんなん”探し。金色の折り紙で作ったピカピカのまぼろしのぎんなんを隠したり探したりして楽しんでいました。
 そんなある日、隠していたはずの“まぼろしのぎんなん”が消えてしまう事件が!

「どろぼうが盗んだんじゃない?」「探しに行こう!」と大捜索をしていた子どもたち。
「みてみて!きいて!」当日も、ぎんなんどろぼうから届いた手紙と暗号を手掛かりに、まぼろしのぎんなんを一生懸命に探す警察隊のみんなでした。

お友だちと協力して暗号を説いて…

幻のぎんなんをさがしています。

オリジナルの歌も作って、みんなで合唱しました!


〇にんぎょう劇
 パンが出てくる人形劇のお話を見たことをきっかけに、色々な素材を使ってパンの人形を作り人形劇を始めた子どもたち。友だち同士でオリジナルストーリーをどんどん膨らませ、役割分担をしながら年少さんや年中さんの前で発表する姿も見られました。

当日は、自分たちで作ったパンとサンタさんが出てくる物語を発表しました。
 


クリスマスの日、パンの仲間たちがクリスマスパーティーをしていました。
歌に合わせて楽しくダンスをしていると…
「お名前なんて言うの?」とサンタさんがやってきて、プレゼントを渡してくれました。
そして、サンタさんは魔法の歌を歌ってくれました。
♬あわてんぼうのサンタクロース(その時によって違う歌を歌っていました)
なんとサンタさんは魔法を間違えて、パンたちにある魔法をかけてしまったのです。
するとパンたちは人間に変身しました。
ひめどらごんパンは、コップちゃんに。
どらごんパンは、ぱっくんちゃんに。
うちゅうじんパンは、みみちゃんに。
らいおんパンは、ぼーちゃんに。
メロンパンは、ももちゃんに。
りゅうパンは、がいこつくんに。
おしゃれパンは、おはなちゃんになりました。
みんなびっくりしたけれど、うれしくなってダンスをしました。
しばらくすると、みんなは段々パンに戻りたくなってきて、サンタさんにお願いすることにしました。
「もう魔法が品切れで、1人だけしか元に戻せないんだ!」と
サンタさんが言うので、1人だけ戻してもらうことにしました。
すると、元に戻ったパンが魔法が使えるようになったので、みんなをパンに戻すことが出来ました。
パンたちは歌を歌って踊りを踊って楽しく過ごしました。

 


〇サーカス
お部屋の活動で始まったお手玉や皿回し、忍者ショー!

毎日一生懸命に技を磨いていた、けん玉やマジック!他のクラスの友だちを呼んで、みんなの前で披露する姿がたくさん見られました。

当日は、子どもたちが日々楽しんで活動していることを、サーカスになって発表しました。




〇お話劇場
 11月のある日、「ぼうけん」「ぽにー」「かいぞく」などの単語の書いてある紙が3つずつ入った封筒が届きました。封筒に入っている3つの単語を使って子どもたちがグループで相談してお話を考えることに…。
それぞれのグループで、子どもなりの世界観が広がりイメージ豊かなお話が生まれました。役割を決めたり、劇として発表しあうと、お互いのお話の面白さに気が付き大笑い! 
 毎日お話や役を変えて演じたり、セリフを増やしたり活動を深めていきました。当日は全部で8つあるお話の中から4つのお話の劇を発表しました。


 


かいとうツインズをつかまえろ!
遠くにいる犯人を倒すため、警察が電車に乗っていました。
おとこに化けた、かいとうツインズも電車に乗っていると、警察がいることに気づき窓ガラスを割って逃げました。
逃げるとき、警察も一緒に連れ去られてしまいました。
おしり探偵は買い物に行くところで、警察からかいとうツインズの話を聞きました。
おしり探偵は「なんですって!かいとうツインズが警察を連れ去って窓ガラスを割って逃げただと!?」と言い、おしり探偵はかいとうツインズを探して走りだしました。
けれどもかいとうツインズはなかなか見つかりません。
すると、警察の「たすけてー!」という声が聞こえ、その声が聞こえた建物に着くと、そこはかいとうツインズの隠れ家でした。
2人の警察は捕まっていて、ドアには鍵がかかっていました。
天井を見上げると鍵を発見した探偵ははしごに登って鍵を取って2人を助け出します。
そして、剣でかいとうの1人をやっつけました。
もう1人のかいとうもおしり探偵のおならでやられてしまいました。
そして警察が怪盗を捕まえて事件は無事に解決しました。
警察「もう悪いことはしないでね!」
怪盗「ごめんなさい」
最後はかいとうツインズもおしり探偵たちも警察も仲良くなりました。


うちゅうじんかいぞく
あるところに宇宙人がいました。
宇宙人はお宝を探しに森に行きました。
旅をしていた魔女が森にいる宇宙人を見つけました。
魔女は宇宙人に、海賊になる魔法をかけてしまいました。
「びびでばびでぶー!かいぞくになあれ!」
そこにたまたま木の実を拾いに来ていた女の子がいて、
宇宙人が海賊になるところを見てとてもびっくりしました。
女の子にかっこいいところを見せようと思った宇宙人海賊は、船を作りました。
そして、女の子がとてもきれいだったので、宝物だと思って海賊は女の子を捕まえてしまいました。
海賊のポケットから鍵が落ちたのを見つけた女の子は、その鍵を拾って扉を開けて逃げました。
海賊は逃げた女の子を望遠鏡で見ていたので、また捕まえました。
女の子は船の中を見ることにしました。
歩いていると裏門を見つけたので、そこから逃げられました。
外に出ると森に雪が降っていました。
女の子が雪で雪だるまを作っていたら、すごい力を持った雪だったので、
雪だるまと一緒に女の子は消えてしまいました。
女の子が消えたので、海賊はあきらめて船にのってお家へ帰りました。
そして、疲れてしまったので、いちごとみかんをたくさん食べました。
たくさん食べすぎた海賊はお腹を壊してしまいました。


うちゅうじんのおとしもの
あるところに2人の冒険家がいました。
2人はとても仲良しでいつも一緒でした。
ある朝、いつものように朝起きておおあくび!ごはんを食べて、歯をみがいていると…
どん!!!と大きな音がしてUFOが落ちてきて中から宇宙人が出てきました。
「大切な火星のダイヤをうっかり地球に落としたんです!」
「探してくれませんか?」
「いいですよ!」
宇宙人は少し怪我をしていたので、病院に連れて行きました。
それから幼稚園の中を探しましたが見つかりませんでした。
困っていると、道に宝石のかけらを見つけてそれをたどっていくと石神井公園に着きました。
なんと火星のダイヤは草地広場のベンチの上にあったのです。
「やった-!」「ありがとう!」
「見つけてくれたお礼に火星に招待するよ!」
一緒にUFOに乗って火星に出発です。
「3、2、1!しゅっぱーつ!」
火星に着くと冒険家と宇宙人は、たくさんおいしいものを食べてたくさん遊びました。
しかし、何日かすぎると冒険家は地球が恋しくなり「そろそろ地球に帰りたい!」と言いました。
宇宙人は少し寂しくなりましたが、たくさんのおみやげをくれました。
「3、2、1!しゅっぱつ!」UFOで地球まで送ってくれました。
そしてたくさんもらった珍しいお菓子をみんなに配りました。
今でも冒険のところに火星から手紙が届き、その手紙を読むたびに火星のことを思い出すのでした。


ぽにーのぼうけん
ぽにーは幼稚園がお休みだったので、冒険に行こうと思いました。
友だちのポニーと約束をしていたので、海の底の真っ暗な所まで行くことにしました。
海の中をどんどん潜っていくと、おばけに会いました。
おばけはぽにーを捕まえて、おばけの国に連れて行きました。

おばけの国につくと、おばけの妖精が魔法をかけました。
「ちちんぷいのぷい!」
するとぽにーはおばけになってしまいました。
おばけになったぽにーは、おばけの国をお散歩しました。
お散歩しているとおばけに出会って友だちになりました。
ぽにーおばけとおばけは縄跳びと鉄棒といす取りゲームをして遊びました。
おばけの国の中の公園で遊んでいると、優しいおばけに会いました。
「おばけと遊んでくれたお礼にポニーの姿の戻してあげます!」
「ちちんぷいのぷい!」と優しいおばけがぽにーに戻してくれました。
ぽにーは喜んでお家へと帰りました。

1人ひとりが自信を持って前に立ち、友だちと一緒に楽しむ姿が見られ、 終わった後には達成感と笑顔で満ち溢れていました。

 

プログラム


お忙しい中、「みてみてきいて!」にお越しいただきありがとうございました。


 

 

 

 

2019年12月19日

ポニーに乗れたよ!

11月15日と22日、園庭でのポニー乗馬をしました。


15日は良いお天気でしたが、22日はあいにくの雨、合羽を着てポニーに乗りました。
吉川さんから乗馬の道具と道具の使い方、乗り方や手綱の動かし方を教わって、1人ずつポニーに乗ります。

始めは吉川さんのサポートがありますが、少しづつサポートなく乗れるように!
不安定なポニーの上でバランスを取るのが難しく、苦戦する子もいましたが、全員が手綱をしっかり持ってポニーとの乗馬を楽しみました。

最後に乗せてくれたポニーちゃんに草を食べさせてあげる子どもたち。
「のせてくれて、ありがとう!」
「かわいいね」
「たのしかったよ~」
と、声をかけながら草をあげる姿に、乗馬を通してポニーと心を通わせていることが感じられました。

 

2019年11月22日

ミカン狩り


Fハウスに、たわわに実ったミカン。

年長、みんなでミカン狩りに行きました!

 

2組になって、ハサミで切る人とミカンを支える人で役割分担し、協力して取りました。

 

「どれにしようかな~??」

「おおきいのがいい!!」

2人で相談しながら決めています。

 

 

美味しそうなミカンが採れて大喜びの子どもたち。

 

「いいにおい~!!」

採ったばかりのミカンに鼻をくっつけて、にっこり笑顔を見せてくれます。

 

 

「いただきまーす!」

2人で1つのみかんを分け合いました。

 

「あますっぱい!」(甘酸っぱい)

「おいしー!」

「もういっこたべたい」

 

 

 

採れたてのミカンの味を堪能した年長さんでした。

 

 

「ごちそうさまでした」





食べ終わった後は…「皮捨てるのもったいないな~?」とお話する子どもたち。

「袋に水と皮をいれて、よく揉んだらジュースになるかも!」とアイディア出てくると、

早速ジュース作りがスタートしました!




絞ってコップにいれて…

あっというまにみかんジュースの出来上がり!

お店も開き、年中さんや年少さんのお客さんも来て、大盛況となりました。

 






2019年11月05日

秋の遠足 稲荷山公園

稲荷山公園に秋の遠足に行きました。

 下見の際に枝がたくさん落ちていたこと、地面にモグラの穴があったり、木に虫食い穴があいていたりしたこと、緑の中に花や木の実の色が見つけられたこと、切り株がステージの様に見えたことなどを踏まえ、ミッションをクリアする冒険形式で遠足を進めることにしました。


 先週のうちに子どもたちで7人グループを作り、水運びリレーや、フラフープリレーなどのグループ活動を深めていきました。


 当日は幼稚園の最寄りの駅から電車に乗って公園まで向かいました。

 稲荷山公園に着くと初めにたどり着いたのは〈はじまりのさか〉!
坂で目を閉じて鳥の声や風の音をきいて自然を味わったら、グループの先生のところまで坂ダッシュ!
冒険の地図と冒険のバケツを手に入れて、冒険スタート!



〈くらやみのもり〉の枝のミッション。
「どんなかたちにしようかな」「どのえだをつかおうかな」「じめんにさして たててみる?」
とグループの友達と相談しながら枝で形を作っていました。



 色を見つけるミッションでは、赤い木の実やピンクと黄色のお花はすぐに見つかりましたが水色のものがなかなか見つからない!と子どもたち大苦戦。
一緒にサポートをしてくれていたケロちゃんから「お空見てごらん!水色じゃない?」とヒントが!

 他にも木に生えている苔が光の具合で水色っぽく見える事を発見したり、紫やオレンジなどのほかの色を見つけている子もいました。


〈もりのすてーじ〉ではお気に入りの自然物を発表しました。
近くに生えている不思議な形の木や、ぎざぎざの葉っぱや面白い形の枝など、子ども一人一人がそれぞれのお気に入りのものを探していました。



 お昼には〈うっかりもののすずかけ〉の木陰でお弁当を食べました。

 木肌が剥がれて地面に落ちているすずかけの木、
「すずかけさんはたくさん落とし物をしていてうっかりさんだね!」と保育者が話をすると、落ちている木肌を集めてみたり、他にも木肌が剥がれている木を見つけて「ここにもうっかりものがいたよ!」と教えてくれたりする子どもたちでした。


 その後も木の周りを使って鬼ごっこをしたり、虫食い穴の空いている切り株にお花を挿して生け花の様にしたり、大きな切り株の上で葉や枝を使って焼き肉に見立てたり、芝の上に寝転がって秋晴の空を眺めてみたりと、自然の中の素材を上手に使って目一杯楽しむ子どもたちの姿が印象的でした。

2019年10月28日

ポニー引き綱


10月11日、17日に2回目の引き綱がありました。

今回は、石神井公園内をポニーを引っぱりながら、ぐるりと1周します。

 

 

2人組になって引き綱スタートです!

 

しっかり手綱を引かないと、草を食べられてしまうのでみんな一生懸命引っ張ってました。

 

 

 

次にポニーちゃんを引くお友だちが、ボロ用の ちり取り と くまでを交代して持ちます。

ちり取りは、少し重いのですが引きずらないように頑張って持っていました。

 


 

ひょうたん池の近くで、ポニーちゃんが草を食べるところを観察したり、後エサやりする用に、好きな草を沢山と取ってあげました。

 

 

その後も、交代しながら金ちゃん、チョコちゃん両方の馬を1人1回ずつ引きました。

殿塚、姫塚まで歩き、先程取ってきた草をポニーちゃんに上げます。

 

 

その場で、新しい草を摘んであげるなど、積極的にふれあっている子どもたちです。

 

 

最後に、幼稚園でポニーちゃんを見送りました。

 

次回はいよいよ幼稚園での乗馬体験です。

ポニーちゃんとのふれ合いを重ねるごとに、どんどんと距離が近くなっていっていて、怖がる姿もほとんど見られなくなってきました。

乗馬体験ではどんな表情を見せてくれるのか、私たちも楽しみにしています。

 

 

 

 

 

2019年10月25日

年長 焼いも大会

21日は、楽しみにしていた焼いも大会でした!


前の週の金曜日に、焼いも大会の準備として年長さんを中心においもを綺麗に洗いました。

洗う容器や水を張るところから、自分たちで準備します。

 

軍手や手でしっかりゴシゴシと洗うと、おいもが鮮やかな赤紫に…!!

 

年中さんのお友だちも手伝ってくれました。


 

焼いも大会、当日!

朝から、園長先生と田上さんがたき火の準備、

役員のお母様方がおいもを食べやすい大きさにカットして下さりました。

 

子どもたちは、おいもに新聞紙とアルミホイルを巻く準備をします。



①新聞紙を水でしっかり濡らし、タオルで余分な水分を取りおいもをつつみます。

こうすることで、しっとりとした美味しいおいもが焼きあがります!



②新聞をまいたおいもをアルミホイルで包みます。



真剣な表情で取り組んでいる子どもたちです。

 

 

その後、Fハウスで包んだおいもを火の中に入れました。

年長さんは、3度目の焼いも大会なので、火を怖がる子どもは殆どおらず上手に投げ入れていました。

 

たき火の近くに座って、煙や火、においなど五感を使って観察しました!

 


出来上がったおいもを年中さんに届けるお仕事もしてくれました!

年中さん、とっても喜んでくれましたね。





待ちにまったおいもが、焼き上がりました!

たき火の火を囲んで食べる焼いもは、格別の美味しさでした!!!

お代わりする子どもが続出で、

「おいしい」「おかわり」「もっとたべたい」の声がFハウスに響き渡りました。





お弁当の後も、何度もおかわりしていましたね。

ニッコリ笑顔でホクホクのおいもをほおばる姿が、とても微笑ましかったです!

 

「ごちそうさまでした!」




2019年10月21日

2回目のサッカー教室



10月のカレンダーの「さっかーきょうしつ」の文字を見てから

この日をずっと楽しみにしていた年長さん。

 

前日に、前に来たコーチの名前を聞くと一斉に

「〇〇コーチと○○コーチと○○コーチ!!」

全員のコーチの名前をしっかり覚えてました。

 

今日は、東京ヴェルディから3名、トヨタ自動車の方が2名いらっしゃり、

5人のコーチが幼稚園に来てくださりました。

 

 

ボールをつきながらやドリブルをしながらコーチの周りを回ります。

 



ドリブルをする姿を見てコーチは「前回より上手くなっている!」と

とても感心していました!



その後は、2名ずつの試合や…







4人ずつの試合など…




時間の許す限り、たくさん試合をしました。

他の子どもが試合している時には「がんばれ!○○チーム」と応援します。

 

前回よりも、怖がらずに積極的にボールに触れようとする様子が見られ、またひとつ

成長を感じました。

 

試合が始まる前や終わった後は、しっかりと大きな声で

「よろしくおねがいします」

「ありがとうございました」

の挨拶をし、握手をします。


 

前回同様、お弁当後も、サッカーを楽しむ子どもが沢山いました!





2019年10月08日

ドキドキ!マジックショー

 8月のお誕生会でマジックを見た子どもたち、次の日から「マジックをやりたい!」とマジックづくりの活動が盛り上がりました。

 プラコップをかざすとコインが消えるマジックや、びりびりに破いた紙が元に戻ってしまうマジック、絵がくるくると変わるマジックなど、保育者の提案したマジックを作るうちに、子どもたち自身でもオリジナルのマジックを考えたり
「ねんちゅうさんや、ねんしょうさんにもみせたい!」と園庭やお部屋でマジックショーを開いたりと、どんどん活動が広がっていきました。

 そんな中、子どもたちから「もりのひろばで、まじっくしょーが したい!」と声が上がったので、やりたい子を集めて森の広場でマジックショーをすることにしました。


マジックショーをどうやって行うか、相談して…



森の広場にみんなで舞台をつくりました。



みんなで考えて、扉から入場することに。ドキドキです!



司会進行もばっちり!

(紙コップの底に物がくっつくマジック)

(プラコップでコインを消しちゃうマジック)

(破いた紙が元に戻っちゃうマジック)

(リボンの色が変わるマジック)




 年長のお友達はもちろん、年中さんや年少さんの沢山のお客さんが来てくれました。
「きんちょうする~!」と言いながらも、一生懸命やり切った子どもたち。

お弁当はマジックショーのメンバーと一緒に、森の広場で食べました。





 そして、午後は保護者の方々にも見ていただくことに!

 さっきよりも表情に緊張の色が増す子どもたちでしたが、看板を作り、リハーサルをして準備ばっちり!
2回目のマジックショーも大成功で、達成感に満ち溢れた笑顔がとても眩しかったです。

 

2019年09月20日

十五夜、おだんごづくり



9月13日、十五夜のおだんごをつくりました。

三角巾とマスクをして、手を洗ったら準備万端!




副園長先生から作り方のお話を聞いて、おだんごづくりスタート

粉をこねる感触に「きもちい~」「たのしい!」と口々に話しながら、いつも園庭で泥団子を作るように、くるくるとおだんごを作っていく子どもたち。




出来上がると、父母会のお母様方が味付けをして下さり、それを子どもたちでお皿に盛ります。

年中さんや年少さんに自分たちの作ったおだんごをお届けしました。

「ありがとう」と言われてとても嬉しそうに笑う子どもたちでした。





お弁当と一緒におだんごを食べて「おいしい~」「もっと食べたい!」と沢山あったおかわりのおだんごもあっという間に無くなりました。


2019年09月13日

2学期最初の野外保育


9月12日、2学期はじめての野外保育に行きました。


今週初めの台風で、公園の様子も普段とは違い、落ちている枝や葉っぱを避けながら台風の過ぎ去った様子を肌で感じつつ草地広場に向かいました。


途中、まだ緑色のままのドングリがたくさん落ちている場所があったので、全員で拾いました。
帽子がついているものや、枝にくっついたままのものなど、子どもたちは喜びながら手からあふれる程集めていました。



草地広場に着くと、日差しは暑いですが気持ちの良い風が吹いていて、日陰は涼しく絶好の野外保育日和。
広い芝の上で、思いっきり体を動かしたり、枝やドングリを使っておままごとをしたりとそれぞれ活動を楽しんでいました。

2019年09月12日

ザリガニ釣り

今日の野外保育は石神井公園のひょうたん池にザリガニを釣りに行きました。

朝、登園してきた子から自分で釣り竿を作ります。
割りばしとエサのあたりめに紐を結ぶのに苦戦しながらも、一生懸命作っていました。



ひょうたん池に着くと、どの子も大張り切りで池に釣り竿をたらします。
ザリガニがエサに食いつくのをじっと待って、動かずガマン…




友だちと声をかけ合って網も使いながら、たくさんのザリガニを釣る事が出来ました。



クラス全員で話し合い、数匹だけ幼稚園で飼うことにして、他のザリガニは池に返してあげることに。

今日から増えた年長組の新しい友だちに、期待と喜びいっぱいの笑顔の子どもたちでした。

2019年06月20日

父の日のお手紙

6月16日の日曜日が父の日だということを伝えると、子どもたちから「おてがみ かく!」と声があがり、手紙を書くことに。

お父さんが好きな色、自分が好きな色の紙を選び、
「あそんでくれてありがとう」
「おしごといつもありがとう」
「おとうさんだいすき」

…などなど、感謝の気持ちや好きな気持ちを思い思いに絵や文章でかく子どもたち。



かけたお手紙は母の日と同じように、金曜日にポストに入れに行きました。
「とどきますように!」
「おとうさんにとどけてね!」

とお祈りしたりお願いしたりしながらポストに投函していました。



創立記念日で月曜日はお休みだったため、火曜日に
「とどいたよ!」
「ありがとうって言ってたよ!」

と嬉しそうに報告してくれる子どもたちの笑顔が、とてもステキでした。

2019年06月18日

サッカー教室


5月20日は、毎年恒例となっている年長組のサッカー教室の日でした。

東京ヴェルディから3名のコーチが来て下さりました。

 

まずは、ボールを手で持って、移動したりコーチの手をしゃがんで避けながら動いたりします。

 

 

次は、ボールを足で蹴りながら歩くドリブルの練習です。

うっかり手で触りたくなる気持ちを抑えて…!!

 

ゲーム感覚で楽しみながら、ボールに慣れていきます。

 


いよいよ、シュートの練習です!

みんな真剣な表情で、取り組んでいました。

 

 

最後に、チーム対抗で試合をしました。

試合前はしっかりと両チームが向き合い…

 

握手でしながらあいさつします。

 

どのグループの試合も、白熱!

女の子も男の子も一生懸命、ボールを追いかけていました。

 

「○○くん(ちゃん)がんばれー」「ゴールこっち!!」

応援にも熱が入ります!!

 

お弁当後にサッカーをして過ごす子どもが普段より多く、活動の良いきっかけとなったと思います。

 

 

2019年05月20日

竹を並べて…?!

5月14日に、きく・ゆり合同で、竹で迷路を作りました。

まずは、みんなが集まるまで「たけのこ め だした♪」の手あそびで全身を使ってじゃんけんをします。


まずは、みんなで竹を並べます。

 

あっという間に園庭に大きな迷路が出来ました。               

竹だけじゃなく、タイヤや丸太も使ってより複雑な迷路にしていました。

 

迷路が出来ると、竹を渡り始める子どもたち。

 

自然と向かい合った子どもたちが、じゃんけんをしはじめ

みんなで「ドン・ジャンケンポン」大会になりました。

 

 

 

 

 

終わった後の竹迷路は、「ねんちゅうさんに のこしてあげたい!」という子どもの声があったので残しておきます。

 

 

午後の活動で、年中さんも一緒に迷路をする様子も見られました。

2019年05月16日

ないしょの手紙(母の日)

4月から、ダンボールでポストを作った子が郵便屋さんになり、お手紙を書いたりポストに入れたりする活動を楽しんでいた年長組の子どもたち。



5/12の母の日に向け、お母さんに内緒でありがとうの気持ちを込めたお手紙を書くことにしました。
自分の好きな色や、お母さんの好きな色の紙を選んで一生懸命に手紙を書きます。
「いつもありがとう」「せんたく ありがとう」「おべんとう ありがとう おいしいぜ」など、それぞれ思い思いに気持ちを書く子や、お母さんの顔を描いて気持ちを伝えようとする子がいました。



書くだけでなく、作ったり、立体的にしたりする子も…



そして5/10の金曜日には、封筒に本物の切手を貼ってポストに投函しに行くことに。

自分で糊で封をして、切手を貼ります。
「きって は なめて はるんでしょ!?」と嬉しそうにペロッと舐めて貼り付ける子や、糊でしっかり貼り付ける子がいました。



出来上がったお手紙を持ってポストへ向かいます。



「とどきますように!」と思いを込めて1人ずつポストに投函する事が出来ました。



月曜日には、お休みの間にお手紙が届いて嬉しそうなお母様方と子どもたちの笑顔がとても眩しかったです。

2019年05月13日

ポニー牧場への遠足

4/26 東松山のポニー牧場へ遠足に行きました。

まずはポニーちゃんたちとご対面。
自分よりも大きなポニーちゃんに「こわい…」と声を漏らす子や、「かわいい!」と笑顔を見せる子も。




ポニーちゃんと一緒にエサになる草を取りに行きます。
牧場の吉川さんから、食べていい草、食べるとお腹を壊してしまう草などを教えていただき、カゴがいっぱいになるまで子どもたちで草を取ります。




沢山の草で重たくなったカゴを力を合わせて運びます。




ポニーちゃんの走る様子を見せていただき…




待ちに待ったお弁当!素敵なポニーちゃん弁当の子もいました。




今度はポニーちゃんのごはん。
先程みんなで取りに行った草を自分の手でポニーちゃんにあげます。




最後にポニーちゃんと競争!どっちが速いかな…?
ポニーちゃんに勝ったグループもいれば、負けてしまったグループも…




帰りのバスでは疲れて眠ってしまう子もいました。



雨模様ではありましたが、どの子もポニーちゃんとの触れ合いが終わると「たのしかった!」と話す様子が見られ、充実したポニー遠足となりました。

2019年05月07日

年長組 絵の具の活動


4/22、23と年長組は絵の具の活動を楽しみました。

はじめはお部屋の中で大好きな絵の具を使って絵を描いていた子どもたち。


しばらくすると、手や足に絵の具を塗って感触を味わったり、手形や足型を付けてみたり…

よりダイナミックに活動できるように戸外へと移動しました。
水や砂とも一緒に、五感を使って絵の具を全身で楽しんでいる子どもたちでした。



ジュース屋さんにもなっていました。



お掃除、お片付けも自分たちでやります。

2019年04月23日

野外保育 八重桜を見に行きました

4月18日の野外保育は、八重桜満開の草地広場へ行きました!

 

今回も年中さんと一緒に。優しく声をかけたり、お弁当の片付けを手伝ったり、お姉さんお兄さんの姿がたくさん見られました。


お弁当を食べ終ったあとは、年長組みんなでドロケイ大会!暖かい太陽の下で、一生懸命走るあまりに汗ばむ子もいたりと、元気いっぱいの子どもたちです。

 

2019年04月18日

年中さんと野外保育

4月12日、年長になり初めての野外保育に行ってきました!


出発前には「今日は年中さんと一緒に行くんだよ!」とお話すると…張り切る子どもたち。

 

年少さんと手をつないで草地広場へ出発しました。

 

草地広場へ行く前にちょっぴり寄り道!
むらさきはななを見に行きました。
「きれい!」「お花畑みたい!」と嬉しそうな子どもたちでした。

 

あぶくたった、りれーなど体をたくさん動かしたり、 落ちている花びらやぺんぺん草を集めて、花束を作ったり…

 

 

最後はみんなで『おおかみさん今何時?』を楽しみました。

(ゆり組さんときく組さんでオオカミとヒツジに分かれているところ)

2019年04月12日