ニュース一覧

年長組 絵の具の活動


4/22、23と年長組は絵の具の活動を楽しみました。

はじめはお部屋の中で大好きな絵の具を使って絵を描いていた子どもたち。


しばらくすると、手や足に絵の具を塗って感触を味わったり、手形や足型を付けてみたり…

よりダイナミックに活動できるように戸外へと移動しました。
水や砂とも一緒に、五感を使って絵の具を全身で楽しんでいる子どもたちでした。



ジュース屋さんにもなっていました。



お掃除、お片付けも自分たちでやります。

2019年04月23日

年中さんと野外保育

4月12日、年長になり初めての野外保育に行ってきました!


出発前には「今日は年中さんと一緒に行くんだよ!」とお話すると…張り切る子どもたち。

 

年少さんと手をつないで草地広場へ出発しました。

 

草地広場へ行く前にちょっぴり寄り道!
むらさきはななを見に行きました。
「きれい!」「お花畑みたい!」と嬉しそうな子どもたちでした。

 

あぶくたった、りれーなど体をたくさん動かしたり、 落ちている花びらやぺんぺん草を集めて、花束を作ったり…

 

 

最後はみんなで『おおかみさん今何時?』を楽しみました。

(ゆり組さんときく組さんでオオカミとヒツジに分かれているところ)

2019年04月12日

野外保育 八重桜を見に行きました

4月18日の野外保育は、八重桜満開の草地広場へ行きました!

 

今回も年中さんと一緒に。優しく声をかけたり、お弁当の片付けを手伝ったり、お姉さんお兄さんの姿がたくさん見られました。


お弁当を食べ終ったあとは、年長組みんなでドロケイ大会!暖かい太陽の下で、一生懸命走るあまりに汗ばむ子もいたりと、元気いっぱいの子どもたちです。

 

2019年04月18日

ポニー牧場への遠足

4/26 東松山のポニー牧場へ遠足に行きました。

まずはポニーちゃんたちとご対面。
自分よりも大きなポニーちゃんに「こわい…」と声を漏らす子や、「かわいい!」と笑顔を見せる子も。




ポニーちゃんと一緒にエサになる草を取りに行きます。
牧場の吉川さんから、食べていい草、食べるとお腹を壊してしまう草などを教えていただき、カゴがいっぱいになるまで子どもたちで草を取ります。




沢山の草で重たくなったカゴを力を合わせて運びます。




ポニーちゃんの走る様子を見せていただき…




待ちに待ったお弁当!素敵なポニーちゃん弁当の子もいました。




今度はポニーちゃんのごはん。
先程みんなで取りに行った草を自分の手でポニーちゃんにあげます。




最後にポニーちゃんと競争!どっちが速いかな…?
ポニーちゃんに勝ったグループもいれば、負けてしまったグループも…




帰りのバスでは疲れて眠ってしまう子もいました。



雨模様ではありましたが、どの子もポニーちゃんとの触れ合いが終わると「たのしかった!」と話す様子が見られ、充実したポニー遠足となりました。

2019年05月07日

ないしょの手紙(母の日)

4月から、ダンボールでポストを作った子が郵便屋さんになり、お手紙を書いたりポストに入れたりする活動を楽しんでいた年長組の子どもたち。



5/12の母の日に向け、お母さんに内緒でありがとうの気持ちを込めたお手紙を書くことにしました。
自分の好きな色や、お母さんの好きな色の紙を選んで一生懸命に手紙を書きます。
「いつもありがとう」「せんたく ありがとう」「おべんとう ありがとう おいしいぜ」など、それぞれ思い思いに気持ちを書く子や、お母さんの顔を描いて気持ちを伝えようとする子がいました。



書くだけでなく、作ったり、立体的にしたりする子も…



そして5/10の金曜日には、封筒に本物の切手を貼ってポストに投函しに行くことに。

自分で糊で封をして、切手を貼ります。
「きって は なめて はるんでしょ!?」と嬉しそうにペロッと舐めて貼り付ける子や、糊でしっかり貼り付ける子がいました。



出来上がったお手紙を持ってポストへ向かいます。



「とどきますように!」と思いを込めて1人ずつポストに投函する事が出来ました。



月曜日には、お休みの間にお手紙が届いて嬉しそうなお母様方と子どもたちの笑顔がとても眩しかったです。

2019年05月13日

竹を並べて…?!

5月14日に、きく・ゆり合同で、竹で迷路を作りました。

まずは、みんなが集まるまで「たけのこ め だした♪」の手あそびで全身を使ってじゃんけんをします。


まずは、みんなで竹を並べます。

 

あっという間に園庭に大きな迷路が出来ました。               

竹だけじゃなく、タイヤや丸太も使ってより複雑な迷路にしていました。

 

迷路が出来ると、竹を渡り始める子どもたち。

 

自然と向かい合った子どもたちが、じゃんけんをしはじめ

みんなで「ドン・ジャンケンポン」大会になりました。

 

 

 

 

 

終わった後の竹迷路は、「ねんちゅうさんに のこしてあげたい!」という子どもの声があったので残しておきます。

 

 

午後の活動で、年中さんも一緒に迷路をする様子も見られました。

2019年05月16日

サッカー教室


5月20日は、毎年恒例となっている年長組のサッカー教室の日でした。

東京ヴェルディから3名のコーチが来て下さりました。

 

まずは、ボールを手で持って、移動したりコーチの手をしゃがんで避けながら動いたりします。

 

 

次は、ボールを足で蹴りながら歩くドリブルの練習です。

うっかり手で触りたくなる気持ちを抑えて…!!

 

ゲーム感覚で楽しみながら、ボールに慣れていきます。

 


いよいよ、シュートの練習です!

みんな真剣な表情で、取り組んでいました。

 

 

最後に、チーム対抗で試合をしました。

試合前はしっかりと両チームが向き合い…

 

握手でしながらあいさつします。

 

どのグループの試合も、白熱!

女の子も男の子も一生懸命、ボールを追いかけていました。

 

「○○くん(ちゃん)がんばれー」「ゴールこっち!!」

応援にも熱が入ります!!

 

お弁当後にサッカーをして過ごす子どもが普段より多く、活動の良いきっかけとなったと思います。

 

 

2019年05月20日

父の日のお手紙

6月16日の日曜日が父の日だということを伝えると、子どもたちから「おてがみ かく!」と声があがり、手紙を書くことに。

お父さんが好きな色、自分が好きな色の紙を選び、
「あそんでくれてありがとう」
「おしごといつもありがとう」
「おとうさんだいすき」

…などなど、感謝の気持ちや好きな気持ちを思い思いに絵や文章でかく子どもたち。



かけたお手紙は母の日と同じように、金曜日にポストに入れに行きました。
「とどきますように!」
「おとうさんにとどけてね!」

とお祈りしたりお願いしたりしながらポストに投函していました。



創立記念日で月曜日はお休みだったため、火曜日に
「とどいたよ!」
「ありがとうって言ってたよ!」

と嬉しそうに報告してくれる子どもたちの笑顔が、とてもステキでした。

2019年06月18日

ザリガニ釣り

今日の野外保育は石神井公園のひょうたん池にザリガニを釣りに行きました。

朝、登園してきた子から自分で釣り竿を作ります。
割りばしとエサのあたりめに紐を結ぶのに苦戦しながらも、一生懸命作っていました。



ひょうたん池に着くと、どの子も大張り切りで池に釣り竿をたらします。
ザリガニがエサに食いつくのをじっと待って、動かずガマン…




友だちと声をかけ合って網も使いながら、たくさんのザリガニを釣る事が出来ました。



クラス全員で話し合い、数匹だけ幼稚園で飼うことにして、他のザリガニは池に返してあげることに。

今日から増えた年長組の新しい友だちに、期待と喜びいっぱいの笑顔の子どもたちでした。

2019年06月20日

2学期最初の野外保育


9月12日、2学期はじめての野外保育に行きました。


今週初めの台風で、公園の様子も普段とは違い、落ちている枝や葉っぱを避けながら台風の過ぎ去った様子を肌で感じつつ草地広場に向かいました。


途中、まだ緑色のままのドングリがたくさん落ちている場所があったので、全員で拾いました。
帽子がついているものや、枝にくっついたままのものなど、子どもたちは喜びながら手からあふれる程集めていました。



草地広場に着くと、日差しは暑いですが気持ちの良い風が吹いていて、日陰は涼しく絶好の野外保育日和。
広い芝の上で、思いっきり体を動かしたり、枝やドングリを使っておままごとをしたりとそれぞれ活動を楽しんでいました。

2019年09月12日

十五夜、おだんごづくり



9月13日、十五夜のおだんごをつくりました。

三角巾とマスクをして、手を洗ったら準備万端!




副園長先生から作り方のお話を聞いて、おだんごづくりスタート

粉をこねる感触に「きもちい~」「たのしい!」と口々に話しながら、いつも園庭で泥団子を作るように、くるくるとおだんごを作っていく子どもたち。




出来上がると、父母会のお母様方が味付けをして下さり、それを子どもたちでお皿に盛ります。

年中さんや年少さんに自分たちの作ったおだんごをお届けしました。

「ありがとう」と言われてとても嬉しそうに笑う子どもたちでした。





お弁当と一緒におだんごを食べて「おいしい~」「もっと食べたい!」と沢山あったおかわりのおだんごもあっという間に無くなりました。


2019年09月13日

ドキドキ!マジックショー

 8月のお誕生会でマジックを見た子どもたち、次の日から「マジックをやりたい!」とマジックづくりの活動が盛り上がりました。

 プラコップをかざすとコインが消えるマジックや、びりびりに破いた紙が元に戻ってしまうマジック、絵がくるくると変わるマジックなど、保育者の提案したマジックを作るうちに、子どもたち自身でもオリジナルのマジックを考えたり
「ねんちゅうさんや、ねんしょうさんにもみせたい!」と園庭やお部屋でマジックショーを開いたりと、どんどん活動が広がっていきました。

 そんな中、子どもたちから「もりのひろばで、まじっくしょーが したい!」と声が上がったので、やりたい子を集めて森の広場でマジックショーをすることにしました。


マジックショーをどうやって行うか、相談して…



森の広場にみんなで舞台をつくりました。



みんなで考えて、扉から入場することに。ドキドキです!



司会進行もばっちり!

(紙コップの底に物がくっつくマジック)

(プラコップでコインを消しちゃうマジック)

(破いた紙が元に戻っちゃうマジック)

(リボンの色が変わるマジック)




 年長のお友達はもちろん、年中さんや年少さんの沢山のお客さんが来てくれました。
「きんちょうする~!」と言いながらも、一生懸命やり切った子どもたち。

お弁当はマジックショーのメンバーと一緒に、森の広場で食べました。





 そして、午後は保護者の方々にも見ていただくことに!

 さっきよりも表情に緊張の色が増す子どもたちでしたが、看板を作り、リハーサルをして準備ばっちり!
2回目のマジックショーも大成功で、達成感に満ち溢れた笑顔がとても眩しかったです。

 

2019年09月20日

2回目のサッカー教室



10月のカレンダーの「さっかーきょうしつ」の文字を見てから

この日をずっと楽しみにしていた年長さん。

 

前日に、前に来たコーチの名前を聞くと一斉に

「〇〇コーチと○○コーチと○○コーチ!!」

全員のコーチの名前をしっかり覚えてました。

 

今日は、東京ヴェルディから3名、トヨタ自動車の方が2名いらっしゃり、

5人のコーチが幼稚園に来てくださりました。

 

 

ボールをつきながらやドリブルをしながらコーチの周りを回ります。

 



ドリブルをする姿を見てコーチは「前回より上手くなっている!」と

とても感心していました!



その後は、2名ずつの試合や…



4人ずつの試合など…


時間の許す限り、たくさん試合をしました。

他の子どもが試合している時には「がんばれ!○○チーム」と応援します。

 

前回よりも、怖がらずに積極的にボールに触れようとする様子が見られ、またひとつ

成長を感じました。

 

試合が始まる前や終わった後は、しっかりと大きな声で

「よろしくおねがいします」

「ありがとうございました」

の挨拶をし、握手をします。


 

前回同様、お弁当後も、サッカーを楽しむ子どもが沢山いました!





2019年10月08日