野外保育

今日は久しぶりに史跡公園へ行きました。

みんなの元気の源、銀杏からパワーをもらって出発!

 

歩いている道中では、柿の実が黄色く色づいていることや、
紅葉の葉が少しずつ赤くなっていることに気づいていた子どもたち。
石神井公園もだんだんと秋が深まってきている様子です。

 



史跡公園に到着すると桂の葉っぱのいい匂いがしました!

 

「表のほうが匂いが強いよ!」

 

 

活動の時間にもたくさんの発見がありました!

 

「ありの大行列がずっと続いている!」

 

「焼き芋みたいな実を見つけたよ!」

 

「緑色や黒の実がたくさん落ちている!中はどうなっているのかな?」
実を割って匂いを嗅いでみると
「スパイスの匂いがする!」、「虫よけスプレーの匂いと同じだ!」と
様々な感想をお友だち同士で伝えあっていました。

 

「どんぐりいっぱい落ちてたよ!」

 

「いい形の枝見つけたー!」とお気に入りのものを見つけたり、
「大きすぎてかごに入らないなぁ。折って入れよう!」と自分で考えて入れていました。

 

「まつぼっくり、みんなで121個も集めた!」

みんなで集めた枝やまつぼっくりは野外保育だけで使うのではなく、幼稚園の木の実ボックスに入れて、使いたいときに使えるようにしています。

 

お帰りの前には、今日見つけたお気に入りのものを発表しあいました。

 

気持ちの良いお天気の中でゆったりと過ごした1日でしたね。

2021年09月29日