年長組 みてみて!きいて!


待ちに待った「みてみて!きいて!」の日がやってきました。

朝から、どきどき!わくわく!と心が大忙しの子どもたち。

 

前日と当日…

みんなで丸くなって、「がんばるぞー!おー!」と気合いを入れました。


 

会場の準備中。

プログラムを並べています。



「ぼくらはみらいのたんけんたい!」の元気いっぱいの歌声から、年長組の「みてみて!きいて!」がスタートです!

~練習風景~

 

ちょっぴり緊張しながらも、ステキな歌声を聴かせてくれました。


〇ぎんなん警察署
 日々、警察ごっこをしている子どもたちの「ぎんなんが盗まれた!」の言葉をきっかけで始まった “まぼろしのぎんなん”探し。金色の折り紙で作ったピカピカのまぼろしのぎんなんを隠したり探したりして楽しんでいました。
 そんなある日、隠していたはずの“まぼろしのぎんなん”が消えてしまう事件が!

「どろぼうが盗んだんじゃない?」「探しに行こう!」と大捜索をしていた子どもたち。
「みてみて!きいて!」当日も、ぎんなんどろぼうから届いた手紙と暗号を手掛かりに、まぼろしのぎんなんを一生懸命に探す警察隊のみんなでした。

お友だちと協力して暗号を説いて…

幻のぎんなんをさがしています。

オリジナルの歌も作って、みんなで合唱しました!


〇にんぎょう劇
 パンが出てくる人形劇のお話を見たことをきっかけに、色々な素材を使ってパンの人形を作り人形劇を始めた子どもたち。友だち同士でオリジナルストーリーをどんどん膨らませ、役割分担をしながら年少さんや年中さんの前で発表する姿も見られました。

当日は、自分たちで作ったパンとサンタさんが出てくる物語を発表しました。
 


クリスマスの日、パンの仲間たちがクリスマスパーティーをしていました。
歌に合わせて楽しくダンスをしていると…
「お名前なんて言うの?」とサンタさんがやってきて、プレゼントを渡してくれました。
そして、サンタさんは魔法の歌を歌ってくれました。
♬あわてんぼうのサンタクロース(その時によって違う歌を歌っていました)
なんとサンタさんは魔法を間違えて、パンたちにある魔法をかけてしまったのです。
するとパンたちは人間に変身しました。
ひめどらごんパンは、コップちゃんに。
どらごんパンは、ぱっくんちゃんに。
うちゅうじんパンは、みみちゃんに。
らいおんパンは、ぼーちゃんに。
メロンパンは、ももちゃんに。
りゅうパンは、がいこつくんに。
おしゃれパンは、おはなちゃんになりました。
みんなびっくりしたけれど、うれしくなってダンスをしました。
しばらくすると、みんなは段々パンに戻りたくなってきて、サンタさんにお願いすることにしました。
「もう魔法が品切れで、1人だけしか元に戻せないんだ!」と
サンタさんが言うので、1人だけ戻してもらうことにしました。
すると、元に戻ったパンが魔法が使えるようになったので、みんなをパンに戻すことが出来ました。
パンたちは歌を歌って踊りを踊って楽しく過ごしました。

 


〇サーカス
お部屋の活動で始まったお手玉や皿回し、忍者ショー!

毎日一生懸命に技を磨いていた、けん玉やマジック!他のクラスの友だちを呼んで、みんなの前で披露する姿がたくさん見られました。

当日は、子どもたちが日々楽しんで活動していることを、サーカスになって発表しました。




〇お話劇場
 11月のある日、「ぼうけん」「ぽにー」「かいぞく」などの単語の書いてある紙が3つずつ入った封筒が届きました。封筒に入っている3つの単語を使って子どもたちがグループで相談してお話を考えることに…。
それぞれのグループで、子どもなりの世界観が広がりイメージ豊かなお話が生まれました。役割を決めたり、劇として発表しあうと、お互いのお話の面白さに気が付き大笑い! 
 毎日お話や役を変えて演じたり、セリフを増やしたり活動を深めていきました。当日は全部で8つあるお話の中から4つのお話の劇を発表しました。


 


かいとうツインズをつかまえろ!
遠くにいる犯人を倒すため、警察が電車に乗っていました。
おとこに化けた、かいとうツインズも電車に乗っていると、警察がいることに気づき窓ガラスを割って逃げました。
逃げるとき、警察も一緒に連れ去られてしまいました。
おしり探偵は買い物に行くところで、警察からかいとうツインズの話を聞きました。
おしり探偵は「なんですって!かいとうツインズが警察を連れ去って窓ガラスを割って逃げただと!?」と言い、おしり探偵はかいとうツインズを探して走りだしました。
けれどもかいとうツインズはなかなか見つかりません。
すると、警察の「たすけてー!」という声が聞こえ、その声が聞こえた建物に着くと、そこはかいとうツインズの隠れ家でした。
2人の警察は捕まっていて、ドアには鍵がかかっていました。
天井を見上げると鍵を発見した探偵ははしごに登って鍵を取って2人を助け出します。
そして、剣でかいとうの1人をやっつけました。
もう1人のかいとうもおしり探偵のおならでやられてしまいました。
そして警察が怪盗を捕まえて事件は無事に解決しました。
警察「もう悪いことはしないでね!」
怪盗「ごめんなさい」
最後はかいとうツインズもおしり探偵たちも警察も仲良くなりました。


うちゅうじんかいぞく
あるところに宇宙人がいました。
宇宙人はお宝を探しに森に行きました。
旅をしていた魔女が森にいる宇宙人を見つけました。
魔女は宇宙人に、海賊になる魔法をかけてしまいました。
「びびでばびでぶー!かいぞくになあれ!」
そこにたまたま木の実を拾いに来ていた女の子がいて、
宇宙人が海賊になるところを見てとてもびっくりしました。
女の子にかっこいいところを見せようと思った宇宙人海賊は、船を作りました。
そして、女の子がとてもきれいだったので、宝物だと思って海賊は女の子を捕まえてしまいました。
海賊のポケットから鍵が落ちたのを見つけた女の子は、その鍵を拾って扉を開けて逃げました。
海賊は逃げた女の子を望遠鏡で見ていたので、また捕まえました。
女の子は船の中を見ることにしました。
歩いていると裏門を見つけたので、そこから逃げられました。
外に出ると森に雪が降っていました。
女の子が雪で雪だるまを作っていたら、すごい力を持った雪だったので、
雪だるまと一緒に女の子は消えてしまいました。
女の子が消えたので、海賊はあきらめて船にのってお家へ帰りました。
そして、疲れてしまったので、いちごとみかんをたくさん食べました。
たくさん食べすぎた海賊はお腹を壊してしまいました。


うちゅうじんのおとしもの
あるところに2人の冒険家がいました。
2人はとても仲良しでいつも一緒でした。
ある朝、いつものように朝起きておおあくび!ごはんを食べて、歯をみがいていると…
どん!!!と大きな音がしてUFOが落ちてきて中から宇宙人が出てきました。
「大切な火星のダイヤをうっかり地球に落としたんです!」
「探してくれませんか?」
「いいですよ!」
宇宙人は少し怪我をしていたので、病院に連れて行きました。
それから幼稚園の中を探しましたが見つかりませんでした。
困っていると、道に宝石のかけらを見つけてそれをたどっていくと石神井公園に着きました。
なんと火星のダイヤは草地広場のベンチの上にあったのです。
「やった-!」「ありがとう!」
「見つけてくれたお礼に火星に招待するよ!」
一緒にUFOに乗って火星に出発です。
「3、2、1!しゅっぱーつ!」
火星に着くと冒険家と宇宙人は、たくさんおいしいものを食べてたくさん遊びました。
しかし、何日かすぎると冒険家は地球が恋しくなり「そろそろ地球に帰りたい!」と言いました。
宇宙人は少し寂しくなりましたが、たくさんのおみやげをくれました。
「3、2、1!しゅっぱつ!」UFOで地球まで送ってくれました。
そしてたくさんもらった珍しいお菓子をみんなに配りました。
今でも冒険のところに火星から手紙が届き、その手紙を読むたびに火星のことを思い出すのでした。


ぽにーのぼうけん
ぽにーは幼稚園がお休みだったので、冒険に行こうと思いました。
友だちのポニーと約束をしていたので、海の底の真っ暗な所まで行くことにしました。
海の中をどんどん潜っていくと、おばけに会いました。
おばけはぽにーを捕まえて、おばけの国に連れて行きました。

おばけの国につくと、おばけの妖精が魔法をかけました。
「ちちんぷいのぷい!」
するとぽにーはおばけになってしまいました。
おばけになったぽにーは、おばけの国をお散歩しました。
お散歩しているとおばけに出会って友だちになりました。
ぽにーおばけとおばけは縄跳びと鉄棒といす取りゲームをして遊びました。
おばけの国の中の公園で遊んでいると、優しいおばけに会いました。
「おばけと遊んでくれたお礼にポニーの姿の戻してあげます!」
「ちちんぷいのぷい!」と優しいおばけがぽにーに戻してくれました。
ぽにーは喜んでお家へと帰りました。

1人ひとりが自信を持って前に立ち、友だちと一緒に楽しむ姿が見られ、 終わった後には達成感と笑顔で満ち溢れていました。

 

プログラム


お忙しい中、「みてみてきいて!」にお越しいただきありがとうございました。


 

 

 

 

2019年12月19日