夕涼み保育3日目


夕涼み保育3日目は、2日目に引き続き影絵ショーから始まりました。

見ているお客さんは「あ!カニだ!」「ねこもいる!」「この影は○○ちゃんだ!」と布の後ろに隠れている動物やお友だちを当てていました。



カラーセロハンを使った飾りも光が当たるとより綺麗ですね!

 

 

日が暮れてきた頃、夜の幼稚園の大冒険の始まりです!

お友だちとグループになり、懐中電灯を持つと気持ちはすっかり冒険家です。

 

紙に描かれたヒントをもとに森の広場や園庭に隠されたもの(画用紙や折り紙で作ったカブトムシやカエル、カラーセロハンで作った星など)を探します。


 

「ここにカブトムシいたよー!」と懐中電灯の光で照らします。




園庭では、テラスの下やツリーハウスまでよくよく探していました。




すべて見つけてゴールをすると゛おめでとう”のマシュマロです。

この日も食べられると思っていなかった子ども達はみんなとても喜んでいました。






 


帰りの集まりは、第二園庭で年長さんみんなで行いました。

19時を過ぎるとかなり日も落ち子どもたちは、涼しさや静けさなどいつもと違う雰囲気を感じていました。





 

夕方ならではの雰囲気を五感を使って楽しんだ、夏の夕涼み保育3日間でした。




2020年07月29日