ポニーとのふれあい その2

 

 

今週年長組では、ポニーとの活動がありました。





ポニーが食べる草を採りながらポニーとの待ち合わせ場所に向かいます。

 

 

 

 

 

久しぶりのふれあいでしたが、手綱の持ち方や、足を開いての止まり方もしっかりと覚えていた子どもたち。

 

前回に引き続き、引綱をしましたが、今回はポニーの大好物の草が置いてある道を通るという前回よりも困難な道のりに挑戦しました。

 

 

 

 

困難な道でも「簡単だよ!」と自信満々に歩き始めましたが、いざ草のところへ行くと

ポニーは草を食べ始めます。

引綱をしている子は一生懸命手綱を引っ張り、前に進もうと頑張ります。

 

草の入っている籠に顔を入れて食べようとする時もありました。

 

 

見ている友だちから「がんばれ!!」「引っ張って!引っ張って!」とたくさん応援してもらいながら、見事全員戻って来ることができました!

 

 

子どもたちからは「難しかった…」「重かった」という感想が出てきて、

身をもって思い通りにいかないという経験をすることが出来ました。

 

 

吉川さんからも「ポニーが草を食べてしまうのは良いんだよ、食べられてしまった時に自分たちでどうするかが大事だよ。」というお話もあり、必死に手綱を上にあげたり、草に近づいたら強く引っ張って食べられないようにしたり、考えて工夫をした年長さんたちは立派でした。

 

最後は引綱をしながら公園内を散歩しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年06月25日