年長 焼いも大会

21日は、楽しみにしていた焼いも大会でした!


前の週の金曜日に、焼いも大会の準備として年長さんを中心においもを綺麗に洗いました。

洗う容器や水を張るところから、自分たちで準備します。

 

軍手や手でしっかりゴシゴシと洗うと、おいもが鮮やかな赤紫に…!!

 

年中さんのお友だちも手伝ってくれました。


 

焼いも大会、当日!

朝から、園長先生と田上さんがたき火の準備、

役員のお母様方がおいもを食べやすい大きさにカットして下さりました。

 

子どもたちは、おいもに新聞紙とアルミホイルを巻く準備をします。



①新聞紙を水でしっかり濡らし、タオルで余分な水分を取りおいもをつつみます。

こうすることで、しっとりとした美味しいおいもが焼きあがります!



②新聞をまいたおいもをアルミホイルで包みます。



真剣な表情で取り組んでいる子どもたちです。

 

 

その後、Fハウスで包んだおいもを火の中に入れました。

年長さんは、3度目の焼いも大会なので、火を怖がる子どもは殆どおらず上手に投げ入れていました。

 

たき火の近くに座って、煙や火、においなど五感を使って観察しました!

 


出来上がったおいもを年中さんに届けるお仕事もしてくれました!

年中さん、とっても喜んでくれましたね。





待ちにまったおいもが、焼き上がりました!

たき火の火を囲んで食べる焼いもは、格別の美味しさでした!!!

お代わりする子どもが続出で、

「おいしい」「おかわり」「もっとたべたい」の声がFハウスに響き渡りました。





お弁当の後も、何度もおかわりしていましたね。

ニッコリ笑顔でホクホクのおいもをほおばる姿が、とても微笑ましかったです!

 

「ごちそうさまでした!」




2019年10月21日