8月お誕生日会

 2学期が始まってすぐ9月9日(月)8月生まれのお友達のお誕生会をお祝いしました。お待たせしました。おめでとう!
 8月生まれのこどもは13人です。いつものように舞台にすわり、ひとりずつ前に出てきて、組・名前・何歳になったかを発表しました。
毎月の恒例になっている副園長からの「おぎゃー」の産声のプレゼントですが、今回はかぜのせいで声がでなかったので特別に園長からの「おぎゃー」でみんな大盛り上がりでした。父母会からのプレゼント、全員から歌のプレゼントそしてたくさんの拍手をいただきました。
 今回のお楽しみはピアニカ王子こと大友剛さんの公演でした。
すっかりメジャーになって昨年は予定が組めなかった大友さんでしたが、やっといらしていただくことができました。

・まずマジックショーでオープニング。ロープが長くなったり短くなったり、輪になってしまったものがまたまた一本になったり。レコードとハンカチを使って色がチェンジしてしまったり、青と茶の紙袋にそれぞれブルーベリージャムとピーナッツバターのビンを入れてあったものをチェンジしたり、そのひとつひとつにこども達は真剣に驚き「すっごーい」「魔法?」などとすっかり心を掴まれた様子。
・つぎはピアニカを取り出して説明をしながらまず音色をきかせ、次に特注品という木製のピアニカをひくと「音がちがうー!」。バグパイプの原理で、ボートやプールを膨らませる足踏み式の空気入れとパイプそして風船(バルーン)を利用してピアニカに空気を送る特性の「バルーニカ」なるものを組み立ててみせると、木製のピアニカと両方を同時に演奏して「すごーい!」。
・プロジェクターを利用した絵本の読み聞かせは、大友さんが新規に和訳した「はずかしがりやのきょうりゅうクランチ」「カラーモンスターこころはなにいろ」とおなじみ「ねこのぴーと」という贅沢な3冊。
・最後は「ねこのぴーと」の大合唱からピアノのふたをはずしてのりのりのまま、イントロを弾き始め「みんな、これ知ってるかな?」の言葉が終らないうちから「パプリカ」の大合唱!アンコールもこども達の希望で再度「パプリカ」を歌いました。

今月のおやつは「さっぱり塩味」と「北のたまごのサブレ」でした。

 まだまだあそびスイッチが覚醒していない休み明けでこども達はお誕生会のスタートからちょっとだれ気味でふざけ気味、集中力がありませんでした。
ところが大友さんのパフォーマンスにいつの間にか引き込まれ全員が最後まで楽しんでいました。
いつも清心のこども達をほめてくださる大友さんは今回も終ったとたん「こどもたち、すごい!」いえいえ「大友さんこそすごい!」来年もきっと来てほしい大友さんでした。

 

 

 

 


2019年09月19日