おまつりやさんごっこ

 近所の秋まつりに行ったお友だちの中から「幼稚園でもおまつりをひらこう!」という提案で始まったおまつり屋さん。
お友だち同士で「こんなお店があったらいいな」と考えながら、たこ焼き屋さん、綿あめ屋さん、金魚すくい、どんぐりや木の実などの自然物を使ったケーキ屋さんにお人形屋さん、アクセサリー屋さんなど秋ならではの自然物を使ったたくさんのお店が出来上がりました。

 お店の準備はバッチリ!気合も十分!…「宣伝してくる!」と意気込んで他のクラスを回るも、お外に遊びに行ってしまっていてなかなかお客さんが来てくれません。
どうしたらお客さんが来てくれるかお友だち同士で相談します。
「お外でおまつりを開いたらきてくれるかも!」というアイディアに「いいね~」と賛同をし、園庭に机を出し準備万端!みんなで話し合ったこともあってどのお店も大行列です。



金魚すくい
「こうやるんだよ」と実際に見せながら説明中



輪投げ
「年少さんだからもっと近くで(輪投げを)投げてもいいよ」



スーパーボールすくい
「年少さんには、当たりが出たらおまけでハイタッチ10回してあげる!」



他にもお店屋さんからは
「熱いからフーフーしながら食べてね」
「まだ全部準備できてないけど、お客さんが並んでるから完成しているのから売ろう」
と子どもたちは相手や状況に応じて、自分たちで考えながら臨機応変に対応をしている姿にとても関心させられました。



後日「野外保育でもやろう!」という声もあり、石神井公園でもおまつりを開催しました。



お人形屋さん
葉っぱ1枚で1個購入可能。どんぐり1つ1つに顔が書いてあります。

 

2019年10月28日