26日の活動について

9月26日は野外保育の予定でしたが、幼稚園内での活動が盛んになっているため予定を変更して、幼稚園での野外保育を楽しみました。



 うめ組は数日前から「うめ組さん全部を忍者屋敷にしたい」という声が上がっていたため、忍者数名で忍者屋敷をダンボールで作りました。

 ↓表と裏の両方をガムテープでしっかり固定中





いつの間にか「楽しそう!」といろいろなお友だちが集まって、手伝ってくれます。ダンボールカッターの使い方も少しずつ慣れてきました。
 ↓ダンボールを切断する人、ガムテープを貼る人、看板を作る人など分業をしています。




トンネルも作ろう!暗くして忍者が隠れるようにしよう!といろいろなアイディアを出し合います。
↓少しずつ長くなってきました。



↓お客さんにもわかりやすいように順路の矢印も書いてあります。




ちなみに次の日には、お客さんが沢山来てくれました!

↓受付



↓中はこんな感じです



↓忍者待機中!忍者を見つけたら手裏剣を投げてね。運がいいと握手をしてくれるかも!



まだまだ忍者屋敷は進化中!どんな屋敷になるか楽しみです。

そして、お弁当は園庭で年中さん一緒に好きな場所で食べました。年中さんだけの清心幼稚園、いつもと違う特別感に終始笑顔の子どもたちでした。




 

 

 

 

 

 

 


さくら組は、1学期から興味が続いている海賊ごっこの中で、「海を作ろう!」という声から園庭で身体をいっぱいに使って絵の具で海を作りました。

クラスの壁ほどの大きさの紙に思い切り描きました。



絵の具の感触を存分に楽しみ、真っ白であった紙が、とても綺麗な海に変わりました。

絵の具が足りなくなると、自分たちで絵の具作りです!
「ドロドロになるように、絵の具と水をよく混ぜてね」と伝えると、夢中で手で混ぜていました。



お友だち同士で塗り合う場面も!



今、さくら組のお部屋の中は海になっています!


 

 


2019年09月27日