はじめての記念公園

年中組は記念公園に野外保育にいってきました。

年少の時よりも、もう一歩先に足を延ばして、はじめての場所にワクワクの子どもたち。

最初は先生と一緒にみんなで一周ツアー!
細い急な坂道を一生懸命登ります。


頂上についたら、一方通行の場所や降りられる場所を先生から聞きます。
大きな蜘蛛の巣の下をくぐって、大きな池の危ないところのお話を聞いてから
主体的な活動を始めました。



何度も何度も山を登ったり下りたりする子

お友だちが登っている所を応援する場面もありました。



見つけた葉っぱや木の実でアクセサリーを作ったり、絵を描いたりする子




記念公園の中を探検して回る子もいました。

はじめての場所でも、一人ひとり楽しいことを見つけて取り組んでいる様子が見られました。



ぼうず山(くつろぎ広場)でお弁当を食べた後は、うめ・さくら一緒にゲームをして楽しみました。

先生と先生の間をよーいどん!




最後はみんなでしっぽ取り!


しっぽを取られて悔し涙を流す子もいましたが
「まだやりたい!」という声がたくさん聞こえてくるくらい、楽しんでいる様子の年中さんでした。



丸一日めいっぱい活動した子どもたちですが、しっかり歩いて幼稚園に帰ってくることもでき、成長を感じました。

2020年09月17日