雨の野外保育

7月14日、15日と二日続けて野外保育に行ってきました。


14日は雨の中の野外保育。

合羽を着て、水筒を下げて、三宝寺池の木道を進みます。



シロサギや、鯉などを見つけて声をかけながら、たどり着いたのは氷川神社。


目をつぶって耳を澄ますと、木々に雨の当たる素敵な音。


『どんな音がした?』


「ぽつぽつ!」
「ばしゃーざー!」
「ぷんぷんぱらぱら!」
「ぽとんぽとん!」


色々な音を声に出して、歌にしたり踊ったり…雨を沢山味わいました。



氷川神社の壁沿いにはたくさんの虫やミミズ、なんとカニもいて、虫探しも盛り上がりました。




15日は2回目のザリガニ釣り。

前回釣れなかった人も釣れるように、気合を入れてやってきました!




……残念ながら、ザリガニさんたちお休み中なのかなかなか顔を表してくれません。

数人釣ることができましたが、不発続きの年中さん。

諦めて三宝寺の木道散歩をすることにしました。



またまた昨日も出会ったシロサギが4羽も見られたり、

 


木にとまるカブトムシを見つけられたり、雨の合間の生き物たちと触れ合うことができました。

2020年07月15日