5月お誕生日会

29日(水)5月生まれの子のお誕生日会をしました。

お誕生月のこどもたち12人が壇上にすわり、一人ずつ台に上がってその子らしく組とお名前と何歳になったかを伝えてくれました。(今回お立ち台に上がれなかった子がいました。とても残念なことです。今後プレッシャーではなく、誇らしい気持ちになれるような働きかけをこころがけます。)


○今月はトモトモさんによる「がらくた音楽隊」の演奏を楽しみました。
 文字通りありとあらゆるガラクタ(塩ビ管・しゃもじ・オイル缶・竹・板・ガラス板・ダクト管・鍋・スーツケース・鍵の束・やぎの爪・・・)を楽器にしたパフォーマンスで今回4度目の来園です。
 トレードマークの伸ばしたもみあげをぜんまいのようにクルクル巻いた印象的なルックス。スーツ姿の両足にブリキ缶を履いて、頭にもブリキ缶の被り物をした、おじさんのロボットみたいな様子に年長中さんは昨年も見ているので期待感満々。おならのような音で一瞬にして心をつかみとられたこども達(おなら・おしり・〇〇〇は最強のワードです!)その後は笑いと驚きの大興奮でした。
 打楽器?(もともとはドラマー)が主で、使っている物を説明したりみんなで歌ったりのその間にも笑いが炸裂します。年長中組からの「アンコール」の声にこたえて、繰り返しの演奏もしていただきました。
 後半は全員参加。新聞紙の紙切れを叩いたり、裂いたり、くしゃくしゃにしたり(トモトモが唱えるおかしな文句「ホニャホニャぺー」「パパランプー」「ゴシャララグー」などを復唱しながら)して様々な音を出したり、全員分用意してくださったペットボトルのマラカスを持って歌ったり演奏をしました。
 最後は歌に合わせて行進しながらのマラカス演奏で楽しみました。

○今月のおやつは「海苔巻きせんべい」と「厚切りバナナバウム」でした。

幼児にとっては長時間なのであきたりだれたりするのですが、すぐにおかしい驚きが出てくるのでまたひきつけられることの繰り返しでした。口を半開きにして見入る表情、驚きから笑いがこみ上げてくる様子。こどもにとっても意外性のインパクトは強く、このウエイブがこども達の活動のどこに届くのだろうかと期待してしまいます。




2019年05月31日